1回で上手くいくことの方が稀

やれる出会い系サイトなどでセフレを探して、そのままスムーズに出会いにまで持っていき、セックスもできたとします。
それで自分も相手も大いに満足でき、そこからセフレとしてお付き合いすることができれば、言うことなしの理想的なパターンだと言えます。
しかし実際は、こんな1回で上手くいくことの方が稀ですし、ほとんどの人は何度も失敗するのが当たり前なのです。
まず、最初にアプローチした相手とそのまま出会いに繋がること自体、そう滅多にあることではありません。
普通は、何十回といろんな相手にアプローチをしていくことで、ようやく出会いに繋がるものです。
また、相手と出会えたとしてもやれるとは限りませんし、最初のうちは会話をするだけで終わることも多いです。
そして何より、もしセックスをすることができたとしても、相手があまり満足しなかったり、あるいは相性が合わないなどの理由で、それっきりで終わってしまうことも日常茶飯事なのです。
つまり、これだけ失敗をする可能性が高いセフレ作りにおいて、1回や2回で成功したら奇跡の中の奇跡とも言えるのです。
だからこそ、何度失敗しても決して諦めず、むしろそれが当たり前だと割り切って取り組んでいかないといけないのです。